どうも!ノブオです!

いやぁ、ノブオ教。本当に何から話していったらいいのかわからなくて、しばらくは思いついたことを書いていこうと思います。

皆さんに伝えたいこと、たくさんあります。

書ききれないほどあります。

僕の胸の内だけに留めておくのは、社会的損失であると考えてます。

だから僕は、借金で首が回らないのに、お金にもならないことをしていて、楽しいのです。

自分でやっていて楽しいことを、すればよいのです。

実は、人生とはシンプルにできているのです。

 

 

さて、本題に移ろう。

「勝ち組と負け組」と言う言葉は、もはや日常会話には欠かせないフレーズとして、有名になった。

「あの人は勝ち組よ。結婚相手にふさわしいわ」

「オレは負け組なのだろうか・・・」

「なんとしてでも、勝ち組に入りたい!」

勝ち組になりたい人は80%以上だと思うが、負け組に進んでなりたい人はいないだろう。

「オレは自ら選んで負け組になったんだ!」

と、胸をはって言える人がいたら、ノブオから賞賛の言葉を送りたい。

勝ち負け。引き分け。

この地球というワールドは、常に競争にさらされている。

普通に生きていても、高校受験、大学受験、就活、出世競争、いい男イイ女争奪戦。子供ができたら、ママ友で嫌味なアノ人よりも、うちの子を優秀な子供にしてみせるわ!

などと、常に競争が付きまとう社会だ。

「競争なんてしなくても、もっとみんなのんびり生きればいいじゃん」

と、いくらオレがそう言っても、みんな、聞く耳を持たず、我先にと競争社会に勤しんでいる。

なんでそんなに急ぐんだ?

オレの前職はIT関連だったので、技術の進化スピードがハンパなかった。

なんだか5倍速の動画を見ているような感じだった。

で、正直に言おう。

「競争に勝つことには、それほど意味はない」

勝てば官軍 負ければ賊軍という言葉もあるが、

実は霊的には、勝っても負けても、同じ経験値だ。

ゲームでも、RPGなどでは勝った時にしか経験値がプラスにならないが、負けても、霊的には同じ経験値がプラスされている。

なぜか?

根本的なことをここで述べると、宇宙は平等である。

全てにおいて、平等だ。

何一つ、例外はない。

正しく、宇宙の法則によって動いている。

じゃあなんで、

「オレはこんなにみじめなんだ!」

「どうしてもっと裕福な家庭に生まれなかったんだ!」

「もっとかわいい顔の女性に生まれたかったわ!それだけで人生180度違うんだから!」

と思っている人もいることだろう。

魂の生まれ変わりのサイクルの中では、ずっとあなたが凡人で、ずっと隣の人が優秀ということはない。

常に循環していて、今世で恵まれない人生を送ったとしても、次に生まれ変わった時には、絶世の美男、美女で、一生かかっても使いきれないお金持ちに生まれることもあるのだ。

(こともある)と書いたが、実際は、自分で決めた人生に生まれてきている。

生まれ変わりにおいて、生まれることのできる選択枝、オプションが、その人の今までの魂の経験から算出されるようになっている。

あなたはその選択枝の中から、今回はコレ!っと決めて生まれてきたのだ。

納得できない?

そうだろう。

納得できないことを、納得して生まれてきたのだ。

じゃあ、今はこんなだけど、

来世はバラ色だからーーーーーーーーーーー!

一国の長、お姫様、大金持ち、大成功する人生、ウハウハでハーレムな人生!

・・・来世はね。

と、言われたらどうするよ?

 

イヤ、マジでそうなんだよ。

恵まれない人生もあり、恵まれた人生もあり、トータルしたら、皆、一緒なんだ。

他の人と生まれ変わりのサイクルが違うだけなんだよ。

勝っても負けても、同じ経験値がプラスされ、蓄積されるんだ。

ちょっと長くなったな、また続きは次回で。

カンベンな。